スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |

ソレマニエ 貴実也さん講演会「19世紀イランの文明開化」(7/23)

皆様

当会副会長アリ・ソレマニエ氏が会長を務める千代田トレーディング様から

講演会の案内をいただきました。

講師は、一時帰国中のソレマニエ貴実也さんです。

参加ご希望の方は、案内に記載の連絡先にお申込みください。

 

日本イラン文化交流協会

事務局 景山咲子

 

*****

 

講演会「19世紀イランの文明開化」

 

日時:723日(土)15:00より

 

会場:ミーリーコレクション ショールーム

   港区白金台5-3-7 くりはらビル101

 

アクセス: 

東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線 白金台駅“崕亳 白金台交差点よりプラチナ通り徒歩10

JR目黒駅都営バス【黒77】または【橋86】にて「白金台6丁目」停留所 下車すぐ。

※路上パーキング有り。

 

入場無料 茶菓付き

 

ご予約・お問合せはmail@miricollection.com、または

電話03-3440-9391 FAX03-3440-9392へお願いいたします。

 

19世紀イランの文明開化」

ガージャール期(17961925)に誕生した伝統と近代化の融合

 

概要

日本が倒幕運動を経て、明治維新、西洋的国民国家を目指していた時代、

アジアの西の国イランでは、ガージャール王朝が、西欧化と近代化の波と

折り合いを付けながら独立国家としての舵取りを任せられていた・・・

 

講師略歴

ソレマニエ 貴実也

イラン・カーシャーン生まれ。東京都立大学・建築学科修士課程卒業。

その後東京大学大学院建築学博士課程終了、博士号を取得。

主にガージャール期の建築と都市について研究。

 

----------------------------------------------------

千代田トレーディング株式会社

ミーリーコレクション 白金プラチナ通り店

108-0071 東京都港区白金台5-3-7 くりはらビル101

Tel 03-3440-9391 Fax 03-3440-9392 e-mail mail@miricollection.com

http://www.miricollection.com/

| 講演会など | 22:36 | - | trackbacks(0) | - |

愛甲恵子氏講演 「1960〜70年代に作られた絵本を見てみよう」

皆様

あっという間に11月も中盤を過ぎ、紅葉から落葉へと移ろいゆく季節となりました。

さて、予告していました12月6日(日に開催する今年度第4回会合の愛甲恵子さん

講演の詳細をご案内します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

準備の都合上、参加ご希望の方は、詳細をご覧の上、

下記フォームで12月4日(金)迄にお申し込みいただければ幸いです。

 

●申込フォーム●

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

12月6日(日) 平成27年度 第4回会合

 

講演会 ◆出席します

 

懇親会 ◆出席します ◇欠席します

*講演会にご出席の方は、必ず、懇親会の出欠をお知らせください。

*講演会・懇親会どちらもご欠席の場合は、お知らせいただく必要はありません。

 

お名前:

同行者のお名前:

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

◆日本イラン文化交流協会 平成27年度 第4回会合◆

 

日時:12月6日(日) 午後2時〜5時 (1:40受付開始)

 

場 所: 東京外国語大学 本郷サテライト

文京区本郷 2-14-10

交通機関:

地下鉄丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩4分

JR御茶ノ水から徒歩10分

http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
 

内 容:

(1)講演会 午後2時〜3時半 (5階セミナールームにて)

 

演題:「1960〜70年代に作られた絵本を見てみよう」

 

講師: 愛甲 恵子

東京外国語大学大学院修士課程修了、ペルシャ語絵本翻訳家、

サラーム・サラーム主宰 サイト: http://salamx2.com/profile.html

 

【講演概要】

イランにおいて国産の絵本作りが盛んになるのは、1966年に政府系の

文化機関であるInstitute for the Intellectual Development of Children and

Young Adults(通称カーヌーン)が設立されて以降です。設立後ほどなくして

イランの絵本は国際絵本原画展などで高い評価を得るようになりました。

今回は、1960〜70年代、黎明期のカーヌーンで作られた絵本をご紹介しながら、

「子どもたちにいい絵本を届けたい」という熱い思いで絵本作りに取り組んだ、

若く才能豊かな芸術家たちの思いに触れてみたいと思います。―愛甲恵子―

 

(2)懇親会 午後3時30分〜5時 (8階にて)

 

参加費:

講演会 会員:無料 非会員:1000円 学生:無料

懇親会 会員・非会員・学生共 500円

 

両方 参加の場合  会員:500円 非会員:1500円 学生:500円

★イラン人留学生    無料

 

【申込・問い合わせ先】

****************

日本イラン文化交流協会

事務局 景山 咲子

E-mail: farhangiyeiran@hotmail.com

090−8487−4255

****************
| 講演会など | 18:04 | - | trackbacks(0) | - |

日本イラン文化交流協会 平成27度第2回会合(7/11土)  森島聡氏講演 「近代イランのテヘラン逍遥」

皆様
今年度第2回会合も、いよいよ今度の土曜日に迫りました。

 
今回の講演会では、森島聡さんにガージャール朝末期のテヘランの様子を
画像を交えてお話いただきます。推薦者の鈴木珠里さんによれば、森島さんは
あの時代を実際に観てきたに違いないというくらい、生き生きと当時の
様子を語ってくださるとのことです。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
ご出席予定でまだお申し込みいただいていない方は、
下記の申込フォームでご一報いただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。 
 
●申込フォーム●
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7月11日(土) 平成27年度 第2回会合
 
講演会  ◆出席します  
 
懇親会  ◆出席します  ◇欠席します
*講演会にご出席の方は、必ず、懇親会の出欠をお知らせください。
 
お名前:
同行者のお名前:
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
◆日本イラン文化交流協会 平成27年度 第2回会合◆
 
日時:7月11日(土) 午後2時〜5時 (1:40受付開始)
 
場 所: 東京外国語大学 本郷サテライト 
文京区本郷 2-14-10
交通機関:
地下鉄丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩4分   
JR御茶ノ水から徒歩10
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
 
内 容:
1)講演会  午後2時〜3時半 (5階セミナールームにて)
 
講師: 森島聡氏 (株式会社中東文化研究所 代表取締役)
 
演題: 「近代イランのテヘラン逍遥」
 
19世紀末から20世紀初頭にかけてのイランは、ガージャール朝末期の
時代にあたります。当時の首都テヘランは、分厚い市壁にぐるりと囲まれた
中世都市さながらの外観を持っていました。
しかしイランの植民地化をもくろみ互いに手を組む英国とロシア、そして
3B(ベルリン─ビザンティウム─バグダード)政策の延長でイランへ影響の
手を伸ばすドイツを初めとする西欧列強により、この国の首都は政治経済的に
大きな変容を迎えます。
今回の発表においては、この時代の記録画像を取り上げつつ立憲革命期の
テヘランを中心としたイランの様子を皆さまにご紹介したいと思います。  ―森島聡―
 
 
2)懇親会 午後3時30分〜5時 (8階にて)  
 
参加費:
講演会 会員:無料  非会員:1000円  学生:無料
懇親会 会員・非会員・学生共 500円
 
両方 参加の場合   会員:500円 非会員:1500円 学生:500円
★イラン人留学生    無料
 
 
【申込・問い合わせ先】
****************
日本イラン文化交流協会
事務局 景山 咲子 
E-mail: farhangiyeiran@hotmail.com
090−8487−4255
****************

 
| 講演会など | 16:57 | - | trackbacks(0) | - |

森島聡氏講演「近代イランのテヘラン逍遥」

皆様

昨日6月21日、今年度第一回会合として、蔵前仁一さんをお迎えして
最近のイラン各地の様子を知る講演会を盛況のうちに終えることができました。
引き続き、7月11日(土)に第二回会合として、森島聡さんにガージャール朝末期の
イランについてお話いただくことになりましたので、ご案内します。
推薦者の鈴木珠里さんによれば、森島さんはあの時代を実際に観てきたに違いない
というくらい、生き生きと当時の様子を語ってくださるとのことです。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
準備の都合上、参加ご希望の方は、7月10日(金)迄に
下記フォームでお申し込みいただければ幸いです。 
 
●申込フォーム●
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7月11日(土) 平成27年度 第2回会合
 
講演会  ◆出席します  
 
懇親会  ◆出席します  ◇欠席します
*講演会にご出席の方は、必ず、懇親会の出欠をお知らせください。
*講演会・懇親会どちらもご欠席の場合は、お知らせいただく必要はありません。
 
お名前:
同行者のお名前:
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
◆日本イラン文化交流協会 平成27年度 第2回会合◆
 
日時:7月11日(土) 午後2時〜5時 (1:40受付開始)
 
場 所: 東京外国語大学 本郷サテライト 
文京区本郷 2-14-10
交通機関:
地下鉄丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩4分   
JR御茶ノ水から徒歩10
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
 
内 容:
1)講演会  午後2時〜3時半 (4階セミナールームにて)
 
講師: 森島聡氏 (株式会社中東文化研究所 代表取締役)
 
演題: 「近代イランのテヘラン逍遥」
 
19世紀末から20世紀初頭にかけてのイランは、ガージャール朝末期の
時代にあたります。当時の首都テヘランは、分厚い市壁にぐるりと囲まれた
中世都市さながらの外観を持っていました。
しかしイランの植民地化をもくろみ互いに手を組む英国とロシア、そして
3B(ベルリン─ビザンティウム─バグダード)政策の延長でイランへ影響の
手を伸ばすドイツを初めとする西欧列強により、この国の首都は政治経済的に
大きな変容を迎えます。
今回の発表においては、この時代の記録画像を取り上げつつ立憲革命期の
テヘランを中心としたイランの様子を皆さまにご紹介したいと思います。  ―森島聡―
 
 
2)懇親会 午後3時30分〜5時 (8階にて)  
 
参加費:
講演会 会員:無料  非会員:1000円  学生:無料
懇親会 会員・非会員・学生共 500円
 
両方 参加の場合   会員:500円 非会員:1500円 学生:500円
★イラン人留学生    無料
 
 
【申込・問い合わせ先】
****************
日本イラン文化交流協会
事務局 景山 咲子 
E-mail: farhangiyeiran@hotmail.com
090−8487−4255
****************
 
| 講演会など | 11:30 | - | trackbacks(0) | - |

日本イラン文化交流協会:蔵前仁一氏「気ままにイランを旅する」

皆様
紫陽花の美しい季節となりました。
今年度第1回会合も、いよいよ今度の日曜日に迫りました。
つきましては、留意事項を含めまして、再度ご案内いたします。
(出席もしくは欠席のお返事をいただいた方にも、一斉メールで
お届けします。ご了承ください。)
 
会場の本郷サテライトは、休日のため、玄関のドアは
自動ロックされております。
1時40分から2時までは、玄関に担当者が待機して
お開けしますが、この時間帯以外の時間に到着した
場合は、インタフォンで呼び出してください。
よろしくお願いします。
 
なお、蔵前仁一様より、当日、参加者の方へのプレゼントとして
絵葉書なども用意していますとのご連絡をいただいております。
 
ご出席予定でまだお申し込みいただいていない方は、
下記の申込フォームでご一報いただければ幸いです。
若干名ですが、まだお席に余裕があります。
皆様のお越しをお待ちしております。 
 
●申込フォーム●
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6月21日(日) 平成27年度 第1回会合
 
講演会  ◆出席します  
 
懇親会  ◆出席します  ◇欠席します
*講演会にご出席の方は、必ず、懇親会の出欠をお知らせください。
 
お名前:
同行者のお名前:
 
*********************
日本イラン文化交流協会 平成27年度 第1回会合
 
日時:6月21日(日) 午後2時〜5時 (1:40受付開始)
 
場 所: 東京外国語大学 本郷サテライト 
文京区本郷 2-14-10
交通機関:
地下鉄丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩4分   
JR御茶ノ水から徒歩10
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
 
内 容:
1)講演会  午後2時〜3時半 (4階セミナールームにて)
 
講師: 蔵前仁一氏  (旅行作家・グラフィックデザイナー、旅行人主宰)
 
演題: 「気ままにイランを旅する」
 
世間ではきな臭いイメージのあるイランですが、実はかなり自由に旅ができるのです。
そのイランを一カ月、列車やバス、ときには車をチャーターして、遊牧民を探しに
行ったり、ザグロス山脈の山奥の村を訪ねたり、あちこち旅してまわりました。
24年前に訪れたときとどう変わったのか、比較しながら現在のイランをご紹介
したいと思います。 蔵前仁一
 
2)懇親会 午後3時50分〜5時 (8階にて)  
 
参加費:
講演会 会員:無料  非会員:1000円  学生:無料
懇親会 会員・非会員・学生共 500円
 
両方 参加の場合   会員:500円 非会員:1500円 学生:500円
★イラン人留学生    無料
 
 
 
【申込・問い合わせ先】
****************
日本イラン文化交流協会
事務局 景山 咲子 
E-mail: farhangiyeiran@hotmail.com
****************
 
| 講演会など | 14:05 | - | trackbacks(0) | - |

日本イラン文化交流協会主催 蔵前仁一氏講演 「気ままにイランを旅する」

皆様
爽やかな初夏の陽気となりました。
さて、この度、今年度第一回会合として、4月に新著「よく晴れた日にイランへ」を
出された蔵前仁一さんをお迎えして、昨年1ヵ月かけて旅したイランを動画や
写真を交えてお話いただくことになりました。
これからイランを旅してみたい方にはもちろん、以前に旅した方には
最近のイランの大きな変化を知ることのできる絶好の機会です。
大勢の皆様のご参加をお待ちしております。
(定員:40名)
 
準備の都合上、参加ご希望の方は、6月19日(金)迄に
末尾のフォームでお申し込みいただければ幸いです。 
 
    記
 
日本イラン文化交流協会 平成27年度 第1回会合
 
日時:6月21日(日) 午後2時〜5時 (1:40受付開始)
 
場 所: 東京外国語大学 本郷サテライト 
文京区本郷 2-14-10
交通機関:
地下鉄丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩4分   
JR御茶ノ水から徒歩10
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
 
内 容:
1)講演会  午後2時〜3時半 (4階セミナールームにて)
 
講師: 蔵前仁一氏  (旅行作家・グラフィックデザイナー、旅行人主宰)
 
演題: 「気ままにイランを旅する」
 
世間ではきな臭いイメージのあるイランですが、実はかなり自由に旅ができるのです。
そのイランを一カ月、列車やバス、ときには車をチャーターして、遊牧民を探しに
行ったり、ザグロス山脈の山奥の村を訪ねたり、あちこち旅してまわりました。
24年前に訪れたときとどう変わったのか、比較しながら現在のイランをご紹介
したいと思います。 蔵前仁一
 
2)懇親会 午後3時50分〜5時 (8階にて)  
 
参加費:
講演会 会員:無料  非会員:1000円  学生:無料
懇親会 会員・非会員・学生共 500円
 
両方 参加の場合   会員:500円 非会員:1500円 学生:500円
★イラン人留学生    無料
 
 
●申込フォーム●
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6月21日(日) 平成27年度 第1回会合
 
講演会  ◆出席します  
 
懇親会  ◆出席します  ◇欠席します
*講演会にご出席の方は、必ず、懇親会の出欠をお知らせください。
*講演会・懇親会どちらもご欠席の場合は、お知らせいただく必要はありません。
 
お名前:
同行者のお名前:
 
 
【申込・問い合わせ先】
****************
日本イラン文化交流協会
事務局 景山 咲子 
E-mail: farhangiyeiran@hotmail.com
****************
| 講演会など | 21:58 | - | trackbacks(0) | - |

第17回中東映画研究会のご案内 (5/27 5時半〜『チャドルと生きる』)



皆様
中東映画研究会より、5月27日に開催される
第17回中東映画研究会のご案内をいただきました。
 
準備のため、出席ご希望の方は案内に記載の
連絡先にご一報お願いいたします。
 
日本イラン文化交流協会
事務局 景山咲子
 
************
 
突然の台風と地震がございましたが、ご無事でおられましたでしょうか。
 
第17回目にあたります中東映画研究会のご案内を差し上げます。
 
今回の研究会では、イラン映画界を代表するジャアファル・パナヒ監督
による『チャドルと生きる』を取り上げます。
本作品は、2000年にヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、
世界的にも高い評価を得た作品です。
 
今回は、イスラム思想研究者であり、当映画研究会事務局メンバー
でもある勝畑冬実氏(東京外国語大学)よりコメントを頂きます。
当研究会でもこれまで幾つかイラン映画を取り上げて参りましたが、
大変貴重な機会でございますので、万障繰り合わせて是非ご参加下さい。
 
会場準備のため、ご参加希望の方はこちらのメイルアドレスまで
ご一報頂きますようお願いいたします。
 
中東映画研究会事務局
http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/node/7853 
 
-------
【日時】
2015年5月27日(水) 17:30-
 
【場所】
東京大学 東洋文化研究所 3階 大会議室 ※エレベーターを出て正面の部屋です
 
【コメンテーター】
勝畑冬実氏 (東京外国語大学)
 
【題材】
『チャドルと生きる』
イラン制作、2000
監督:ジャファル・パナヒ
ペルシア語音声、日本語字幕
 
【テーマ】「輪転」
 
本作は様々な制限を受けながら生きるイランの女性たちの物語である。
それぞれの「希望」を求めてテヘランをさまよう女性たちは、最終的に
どこにたどり着くのか。輪転する物語を通して本研究会では個々人の
生のつながりや、人々が集うことで成り立つ社会のあり方について
考察を深めていきたい。
 
【主催】
中東映画研究会
 
【共催】
東京大学・東洋学研究情報センター・セミナー
東文研・班研究「中東の社会変容と思想運動」
 
準備の都合上、事前に下記のアドレスまで参加希望のご連絡をお願いします。
mecinema2014[at]gmail.com 
| 講演会など | 17:48 | - | trackbacks(0) | - |

公開講演会・シンポジウム「苦悩する中東」(4/25土曜日)@早稲田大学

皆様

4月25日に開催される公開講演会・シンポジウム「苦悩する中東」の

中で、「苦悩するイラン」のタイトルで桜井啓子さんが講演されますので

ご案内します。

ご興味のある方は直接会場にいらしてください。

 

日本イラン文化交流協会

事務局 景山咲子

 

******

 

人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究では、

来る4月25日(土)、早稲田大学井深大記念ホールにおいて大学共同

利用機関法人・人間文化研究機構との共催で、公開講演会・シンポジウム

「苦悩する中東」を開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。

 

本講演会・シンポジウムは、入場無料・事前登録不要となっております。

当日直接会場にお越しください。

 

主旨:

中東が抱える苦悩は深く、その原因は複雑です。ISIL(アイシル)あるいは

ISIS(アイシス)による日本人人質事件は、私たちに大きな衝撃を与えるとともに、

問題の深刻さを突きつけました。テレビの画面に映し出される恐怖の映像に

怯えながらも、多くの人たちがISIL/ISISに関するテレビ解説に釘付けになり、

中東への違和感を増幅させたに違いありません。

しかし、冷静に考えてみればISIL/ISISの登場に最も苦悩しているのは、

中東に暮らす人々ではないでしょうか。

中東は、長年にわたる欧米諸国の中東政策に翻弄され、不本意な課題を

突き付けられてきました。欧米との関係をめぐって国々が対立し、

民族や宗派間の均衡も崩れ、暴力への依存が高まってしまいました。

さらに、中東は、急速に進行するグローバル化のなかで、格差の拡大、

世代間の対立、ジェンダー関係の変化といった課題にも直面するなど、

政治的にも社会的にも難題を抱えています。

私たちが、現地に暮らす人々に思いを馳せることなく現象面にのみ目を

奪われ、場当たり的な対応を続ければ、中東はさらに混迷を深めることに

なります。そうなれば、パレスチナ問題の解決もISIL/ISIS問題の解決も

遠退いてしまうでしょう。

こうした状況を憂慮し、本講演会・シンポジウムでは、「苦悩する中東」を

共通主題とし、改めて中東の国々が、そしてそこで暮らす人々が抱える

問題や葛藤について考えます。

 

日時: 2015年4月25日(土)13:00〜17:00(開場12:30)

 

会場: 早稲田大学井深大記念ホール

〒169−8050 東京都新宿区西早稲田1-20-14

早稲田大学総合学術情報センター1階

※ 早稲田大学中央図書館と同じ場所です。

※ ご参考 http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

 

交通アクセス:

高田馬場駅より早大正門行きバス 西早稲田下車 徒歩3分

地下鉄東西線 早稲田駅より 徒歩10分

都電荒川線 早稲田駅より 徒歩2分

 

お申し込み方法: 入場無料、事前登録不要

 

主催: 人間文化研究機構 / 人間文化研究機構(NIHU)プログラム イスラーム地域研究

共催: 日本中東学会/早稲田大学イスラーム地域研究機構

後援: 文部科学省

 

プログラム:

講演1 「苦悩するアラブ」

酒井啓子(千葉大学法政経学部教授)

講演2 「苦悩するイラン」

桜井啓子(早稲田大学国際学術院教授)

講演3 「苦悩するトルコ」

澤江史子(上智大学総合グローバル学部准教授)

 

パネルディスカッション

司会 福田安志(早稲田大学イスラーム地域研究機構研究院教授)

パネリスト

末近浩太(立命館大学国際関係学部教授)

錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)

ホサム・ダルウィッシュ(日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員)

酒井啓子(千葉大学法政経学部教授)

桜井啓子(早稲田大学国際学術院教授)

澤江史子(上智大学総合グローバル学部准教授)

 

 

なお下記ウェブサイトより本講演会・シンポジウムの

フライヤーをダウンロードすることができます。

http://www.kikou.waseda.ac.jp/ias/research/nihu2.php?id=987

 

************************************************************

イスラーム地域研究中心拠点事務局

早稲田大学イスラーム地域研究機構

〒162-0041

東京都新宿区早稲田鶴巻町513

早稲田大学120-4号館3階

tel & fax: 03-5286-1749

e-mail: info@islam.waseda.ac.jp
| 講演会など | 20:20 | - | trackbacks(0) | - |

東京・中野区にて、シルクラブでのソレマニエ氏講演会

◆MIRI工房展でソレマニエ氏講演会
 
手紡ぎ・草木染ペルシャ絨毯 MIRI工房展 真珠織 morvaridbaf
 
期間:2月14日(土)〜22日(日) 11:00〜18:00
(会期中無休)
 
場所:シルクラブ
www.silklab.com
東京都中野区沼袋2丁目30番4
電話:03-3389-4301
交通機関:西武新宿線 沼袋駅 北口下車、北へ徒歩3分。
赤鳥居の奥です。駐車場完備
 
★講演会
「真珠織 −120年途絶えていた幻の織が復活するまで」
日時:2月21日(土)14:00〜
講師:アイ・ソレマニエ氏 
 
2011年夏、京都・祇園祭で山鉾・南観音山を彩った
ミーリー工房の真珠織。染色文化の中で忘れ去られていた
真珠織が、ミーリー工房の手によって復活するまでを、
ペルシャ・イランの歴史や制作にたずさわるシャーサバン族
の様子など、貴重な映像を交えてお話しします。
 

 

| 講演会など | 18:52 | - | trackbacks(0) | - |

大東イラン研究会(ノウル-ズ研)(12/14) および 「イスラームとジェンダー」研究会

皆様
大東文化大学の原隆一先生より、12月14日に開催される
大東イラン研究会(ノウルーズ研)のご案内をいただきました。
今回のゲストスピーカーは、東邦大学の細谷幸子さんですが、
12月11日に開催される「イスラームとジェンダー」研究会でも
細谷幸子さんが講演されますのであわせてご案内します。
いずれも参加自由・事前連絡不要とのことです。
問い合わせは、各案内に記載のご連絡先に直接お願いいたします。
 
日本イラン文化交流協会
事務局 景山咲子
 
******
 
◆2014年度 第3回 大東イラン研究会(ノウル-ズ研)開催のお知らせ
 
                                2014年11月27
 
2014年度 第3回の大東イラン研究会(ノウル-ズ研)を下記の要領で開催いたします。 
 
 今回のゲストスピーカーは、細谷幸子(東邦大学)です。
細谷さんは、看護学の専門を生かし、イランでの医療人類学的な
フィールド調査研究をはじめ、NPOの実践分野でも活躍中なかたです。
また、エスファハン大学看護助産学部と共同プロジェクトをはじめる
計画もあるとか聞いています。
 ふるってご参加ください。
 
1.日時:2014年12月14日(日曜日)午後1時〜5時
 
2.場所:大東文化会館 K-401教室
         東武東上線東武練馬駅下車、徒歩1分 板橋区徳丸2-4-21
     電話:03−5399−7399
 
3.演者・題目: 
 3-1 細谷幸子(ゲスト・スピーカー) : 13:00 ~ 14:30
    「イランの医療・福祉分野における現地調査の戦略」(仮題)
                                       
 3-2 鈴木珠里 :  15:00~ 16:00
   「1950年代のある家族の在り方 〜フォル-グの書簡集『初めての愛の鼓動』を手掛かりに〜」
 
 3-3 その他  : 16:00~ 16:40
                                 以上
 
連絡先:
大東文化大学 国際関係学部                       
原 隆一(HARA RYUICHI)
Mobile   :  090-2206-8295
E-mail   :  ag4r-hr@asahi-net.or.jp
 
 
 
◆2014年度第2回「イスラームとジェンダー」研究会(12/11)のお知らせ
 
NIHUプログラム・イスラーム地域研究早稲田大学拠点(WIAS)は、
下記のとおり、2014年度第2回「イスラームとジェンダー」研究会を
開催いたします。今回は、イランの医療・福祉分野をフィールドとして
調査研究をされてきた細谷幸子氏を講師としてお招きし、女性の身体を
巡るイスラームと医療倫理に関するテーマでお話をして頂きます。
ご関心のある方々の参加をお待ちしております。
 
日 時:2014年12月11日(木)18:00-19:30
場 所:早稲田大学120-4号館4階405会議室(旧早稲田実業学校校舎)
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html の地図をご覧下さい)
 
1. 報告タイトル: 「イランの『治療的人工妊娠中絶法』をめぐる議論」
 
2. 講師: 細谷幸子 (イラン国立エマーム・ホメイニー病院脳・脊髄神経研究センター国際研究員)
 
3. 報告概要:
 
イランでは、2005年に「治療的人工妊娠中絶法」が成立した。
1979年のイスラーム革命以降、イランでは、母の救命を目的とした
人工妊娠中絶以外は禁止とし、母に重罰を科す政策をとっていた。
2005年成立のこの法律の特色は、胎児の異常を理由に限定的に
人工妊娠中絶を許可したところにある。
今回の発表では、人工妊娠中絶をめぐる欧米や日本の倫理的議論との
違いを踏まえながら、法制定までの経緯と議論を中心に報告する。
 
4. 参加自由・事前連絡不要
 
※本研究会に関するお問い合わせは
下記のメールアドレスまでお願いいたします。
e-mail: info[at]islam.waseda.ac.jp <info@islam.waseda.ac.jp>
([at]を@に変えてご送信下さい)
 
主催:早稲田大学イスラーム地域研究機構
 
| 講演会など | 13:09 | - | trackbacks(0) | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
profilephoto
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM