スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
<< ◆「世界の人の家に泊まる」 | main | ペルシア音楽のイベント  慶九さん(1/24,2/6) ナヒードさん(1/24) >>

香研究会IRI主催 新春スペシャルイベント&新年会(1/16) 「ペルシアの魅力と観光名所@ペルシア料理

皆様
今年もいよいよあと1日となりました。
何かと落ち着かない世界情勢ですが、皆様にとりましてどんな1年でしたでしょうか?
 
この1年、一方的にお送りするイラン関連催し情報をお受け取りくださいまして、感謝しております。
今年最後のイラン関連催し情報として、新春1月16日に香研究会IRI主催で開催されるイベントをご紹介します。当会理事の梨本博さんがイランの魅力をたっぷり語る催しです。特にイラン初心者の方に最適とのことですので、まだイランの素晴らしさを知らない知人ご友人にご紹介いただければ幸いです。
イラン料理も楽しめますので、イランを充分ご存じの方もどうぞお出かけください。
 
それでは、来たる2016年が素晴らしい年となりますことを願っております。
 
日本イラン文化交流協会
事務局 景山咲子
 
******************************
 
第1回ペルシアの魅力と観光名所@高円寺ボルボル
 
経済制裁の緩和を間近に控えたイラン。ちょっとした観光ブーム到来の予感がします。
そこで、香研究会IRIはイラン各地の観光名所を通じてペルシア文化をご紹介するというシリーズもののイベントを企画してくださいました。
初回は、カーシャーン、エスファハーン、シーラーズの3都市が中心となりますが、次回以降、タブリーズ、オルミーエ、ハメダーン、ケルマーンシャー、マシュハド、ヤズド、アフヴァーズ等々...イラン各地の観光名所を順次カバーしていきたいと考えております。
イラン初心者、特にこれからイラン旅行をしてみたいとお考えの方には、最適のセミナーになるかと思います。
尚、本セミナーの準備に当たり、現地旅行代理店ホマーファラーン・ホルシード・サヴァール社の阪野みきさんに情報提供のご協力をいただいております。
梨本 博
 
**************************
【第1回ペルシアの魅力と観光名所@ペルシア料理店】
〜香研究会IRI 新春スペシャルイベント&新年会〜
Facebook::https://www.facebook.com/events/909134352500737/
サイト:http://www.arts-wellness.com/香研究会iri/参加者募集中のセミナー/
 
総合商社勤務のご経験を通して中東の事情に明るい梨本博さんが「ペルシアの魅力と観光名所」についてセミナーをして下さいます☆
 
美味しいペルシア料理とペルシア伝統音楽を堪能して、楽しい時間を過ごしましょう☆☆☆
 
第2回は4月を予定しております!
 
■日時:2016 年1月16日(土)16:00-19:00
 ◎梨本博さんのセミナー  16:00-17:00
 ◎お食事とワイン(又はザクロジュース)17:00-19:00
 ◎蔡怜雄さんのペルシア伝統音楽ライブ 18:00-18:30
 
 ■会場:高円寺ボルボル
<住所> 杉並区高円寺北3-2-15-2F
   (JR高円寺駅北口より徒歩3分)
☆アクセスはこちらをご覧下さい。
http://bolbol.jp
 
 ■講師:梨本博さんプロフィール
1964年長野市生まれ。日本イラン文化交流協会理事。
総合商社勤務。大学でペルシア語を専攻。
1992-96年テヘランに駐在。
2010-13年ドバイ駐在中にテヘランを10回訪問。
2014年夏にイラン北西部を中心に3週間旅行。
『イランを知るための65章』(明石書店)で1章と1コラムを執筆。
https://www.facebook.com/Nash5574
 
 ◎梨本博さんからのメッセージ
悠久の歴史を誇るペルシア(現国名:イラン)にはユネスコ指定の世界遺産が
19件あります。青を基調とする壮麗なタイル細工に彩られた古都イスファハンの
モスク、シーラーズ近郊に造営されたアケメネス朝時代の壮大な宮殿群
ペルセポリスが殊に有名です。
 
首都テヘランから日帰り出来るカーシャーンも一度は訪れたい町です。
カーシャーンはペルシア式庭園の代表例とされるフィーン庭園の他、
ローズオイルやローズウォーターの産地としても知られ、5月にもなると
町は薔薇の香りに包まれます。文豪ゲーテが傾倒したという、シーラーズ
出身のペルシア詩人ハーフェズの詩にもしばしば薔薇が引用されています。
 
観光名所のご紹介を通じ、ペルシア文化の魅力をシリーズでお伝えします。
 
■演奏家:蔡怜雄さん プロフィール
留学先のボストンでイランの打楽器に出会う。その繊細な表現、音色の豊かさ、
楽器の美しさに惹かれてイランの打楽器奏者に。ペイマンナセポール氏らから
トンバク、ダフの打楽器演奏を学ぶ。ボストンではペルシア音楽のグループに
参加し各地で演奏する。帰国後はダリューシセイフィー氏からサントゥールの
演奏を学ぶ。
現在はペルシア音楽をはじめ、様々なジャンルの演奏で活動している。
https://www.facebook.com/leo.shimizu.39
 
 ■会費(事前振込):6000
<セミナー・お食事・ワンドリンク・ライブ音楽を含む>
 
*1/8までに下記の銀行口座にお振込お願いいたします。
当日払いの場合、6500円となります。
 
*20:30からベリーダンスショー(500円)がありますので、
ご興味のある方は引き続きお楽しみください。
 
■定員:35名
 
■ご予約先:eriyo@arts-wellness.com 080-6552-4709
 
☆参加者全員の自己紹介タイムをもうけますので、参加者同士が交流できる
集いになります。
 
☆ボルボルでは、イラン産の香り高い「ローズウオーター」を常時販売しています。
 
【香研究会IRI 振込先】
ゆうちょ銀行
記号 10090 番号 48060821
名前 香研究会IRI (コウケンキュウカイアイアールアイ)
 
*他銀行から振込の場合
ゆうちょ銀行 店名00八(ゼロゼロハチ)
普通預金 4806082
名前 香研究会IRI
 
◎香研究会IRI主催イベントにご参加される方は香研究会IRIの
https://www.facebook.com/IncenseResearchInstitute/
フェイスブックページに「いいね!」をお願いいたします!
 
| 催しと情報 | 21:58 | - | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 21:58 | - | - | - |
Trackback
url: http://samimijapan.jugem.jp/trackback/277

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
profilephoto
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM